富小路やま岸

11月20日の夜は富小路やま岸、定点観測。 銀杏餅 雲子の飯蒸し、半生この子、零余子 伊勢海老、無花果 津居山の蟹真丈、松茸 明石の鯛、北寄貝 唐墨、蕪 セコ蟹 海老芋 金目鯛 蓮根白和え 鯖寿司 昆布森の塩水雲丹 甘鯛の蕪蒸し 煮えばなとご飯のお供 代白柿 栗きんとん お薄 酒はシャンパーニ…
コメント:0

続きを読むread more

纐纈

11月18日の 血圧 119/77mmHg 体重 63.9kg、体脂肪率 17.0% BMI 22.4 夜は纐纈で一人酒。 トラフグ、雲子、ポルチーニ茸の茶碗蒸し 柴山の蟹、広島産松茸 クエと四方竹 下関の焼き河豚 4.5kg 焼き蟹 白甘鯛、あん肝、自然薯、白菜 白旗魚、山葵 きしめんキャビア、アルバ産…
コメント:0

続きを読むread more

ミステリ新刊

Amazonから 由良君美編『イギリス怪談集』(河出文庫) 中野美代子・武田雅哉編『中国怪談集』(河出文庫) 種村季弘編『日本怪談集 奇妙な場所』(河出文庫) 種村季弘編『日本怪談集 取り憑く霊』(河出文庫) が到着。 復刊らしい。
コメント:0

続きを読むread more

Ristorante da'lupo322

11月17日の夜はRistorante da'lupo322で白トリュフ三昧。 本来なら、純名里沙が出演する愛華みれディナーショー『Mon Amour~モナムール』@宝塚ホテルに行く予定だったが、職場に送るよう依頼した整理券が自宅に届いたのにむくれたこと(書留を郵便局まで取りに行く破目に)と、白トリュフ祭りにお誘い頂いたので、3万円の…
コメント:0

続きを読むread more

御料理 堀川

11月16日の夜は御料理 堀川。 鴛鴦の器:雲子、セコ蟹、雲丹と湯葉 お椀:クエ、大黒占地、蕪 竜田川の器に造り:明石の鯛、ヤイトカツオ、青森の鯖、紋甲烏賊 地鶏、芹、牛蒡、舞茸のきりたんぽ鍋(写真撮り忘れ) 焼物:ノドグロ 箕に盛られた八寸:帆立貝紅葉和え、厚焼き玉子、鰊甘露煮、車海老煎餅、胡桃、牡蠣味噌漬け、銀杏、車…
コメント:0

続きを読むread more

5月30日:飯守泰次郎×関西フィル 楽劇『ニーベルングの指環』ハイライト演奏会形式(フェスティバルホール)

本日、11月16日より有料会員先行予約開始の 第58回大阪国際フェスティバル2020 関西フィル創立50周年記念 5月30日:飯守泰次郎×関西フィル 楽劇『ニーベルングの指環』ハイライト演奏会形式(フェスティバルホール) のチケットを購入。
コメント:0

続きを読むread more

割烹雪洞

ベルリン・フィルの後は割烹雪洞。 金時草、しもこし クエ、源助大根、トリュフ 北海道の塩水雲丹、平戸の紫雲丹、鯛 鰤、大溝貝 魳、銀鱈の西京焼き 津居山のセコ蟹 酒は生ビールから冷酒。 料理は美味だったのに、なぜか酒が進みませんでした。
コメント:0

続きを読むread more

11月15日:ズービン・メータ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(フェスティバルホール)

ズービン・メータ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を聴きにフェスティバルホールへ。 席は1階4列37番。 指揮:ズービン・メータ 管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 チェロ:ルートヴィヒ・クヴァント ヴィオラ:アミハイ・グロス 曲目:R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』Op.35    ベートーヴェン…
コメント:0

続きを読むread more

しまなみふれんちMurakami

11月14日の夜はしまなみふれんちMurakami。 コンソメ 鹿に栗を合わせて は私のリクエスト。 雲丹、栗、ブリニ 足赤海老、石鯛、菊芋、柚子 愛媛産伊予牛のコンソメ 鯧、トリュフ 蝦夷鹿のロース、栗、根セロリ、ビーツ フロマージュ コーヒー ワインはグラスであれこれ。 クラシカルなお料理を頂きました…
コメント:0

続きを読むread more

鮨いわもと

11月13日の夜は鮨いわもと、お初。 鮪山かけ カワハギ、肝ソース 長崎産ノドグロ あん肝 てっさ 松葉蟹の蕪餡かけ 針烏賊 甘海老 和歌山産白甘鯛 馬糞雲丹 トロたく 車海老 中トロ 赤だし 玉 ヅケ 煮蛤 煮穴子 鰻 小鰭 蕨餅 酒は瓶ビールから熱燗。 某インフルエンサーが絶賛す…
コメント:0

続きを読むread more

ミステリ新刊

新刊で 新保博久編『銀幕ミステリー倶楽部』(光文社文庫) を購入。 Amazonから 城 昌幸『若さま侍捕物手帖第九巻 百両壺』(捕物出版 オンデマンド ペーパーバック) 横溝正史『朝顔金太捕物帳』(捕物出版 オンデマンド ペーパーバック) 横溝正史『左門捕物帳・鷺十郎捕物帳』(捕物出版 オンデマンド ペーパーバック)…
コメント:0

続きを読むread more