京料理くりた

7月12日の夜は京料理くりた2020071201.jpg

★汲み上げ湯葉
★八寸:生麩、バイ貝、新牛蒡と鰻の八幡巻、鱧の肝、黒豆の枝豆、自家製オイルサーディンの黄身酢、沢蟹、衣かつぎ、薩摩芋、伏見甘長唐辛子、昆布を射込んだ白瓜
★造り:鱧の落としと洗い、琵琶鱒、明石の鯛の松皮造り
★鯨の皮、ささがき牛蒡、蓬麩の白味噌仕立て
★水貝
★鱧の白焼き、琵琶湖の鮎の塩焼き
★冷たい炊合せ:蛸、海藤花、南瓜、素麺南瓜、山科唐辛子
★茄子田楽
★鱧ご飯、鰯印籠煮、茗荷と茄子の味噌汁
★水菓子
★水羊羹

生ビールから冷酒を痛飲。
鱧の洗いはここでしか頂いた記憶がありません。
鯨の皮のお味噌汁は、京都の夏のスタミナ食。
おみやで印籠煮を購入して帰りました。
2020071202.jpg
2020071203.jpg
2020071204.jpg
2020071205.jpg
2020071206.jpg
2020071207.jpg
2020071208.jpg
2020071209.jpg
2020071210.jpg
2020071211.jpg
2020071212.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント