7月6日:<新・音楽の未来への旅シリーズ>いずみシンフォニエッタ大阪 第42回定期演奏会「祈りの霊感」

いずみホールに赴き、
<新・音楽の未来への旅シリーズ>いずみシンフォニエッタ大阪 第42回定期演奏会「祈りの霊感」に参戦。
席は1階A列23番。

指揮:三ツ橋敬子
ハープ:篠﨑和子
いずみシンフォニエッタ大阪

曲目
J.トゥリーナ:『闘牛士の祈り』 op.34
ストラヴィンスキー:『プルチネルラ』組曲
薮田翔一:ハープ協奏曲『祈りの樹』(委嘱新作)~関西若手作曲家委嘱プロジェクト第7弾
M,ラヴェル(編曲 M.ラウンド):『クープランの墓』

小編成のオケを聴くのは初めて。
最前列と近いこともあって、音が非常にクリア。
現代音楽も、クリアな音で聴くと少し分かりやすいかもしれない。

『クープランの墓』は、ラヴェルが管弦楽編曲の時に省いたフーガ、トッカータのラウンドによる編曲を追加したもの。
もちろん、初めて聴きました。

目当ての三ツ橋敬子さんの指揮は、ダイナミック。
間近で観て、まざまざと感じた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント